これまでの合格実績 RECORD

大学入試

国公立
東京大学・東京工業大学・東京外国語大学・筑波大学・大阪大学・九州大学・鹿児島大学など
私立
慶應義塾大学・早稲田大学・上智大学・中央大学・明治大学・立教大学・青山学院大学・西南学院大学など
医学部
福島県立医科大学・高知大学・鹿児島大学・岩手医科大学・昭和大学・東邦大学・川崎医科大学・福岡大学・久留米大学など

高校入試

国公立
鶴丸高等学校・甲南高等学校・鹿児島中央高等学校・鹿児島玉龍高等学校・武岡台高等学校など
私立
東大寺学園高校・ラ・サール学園高等部・樟南高等学校・鹿児島実業高等学校・志學館高等部・池田高等学校・鹿児島純心高等学校など

合格者の声 VOICE

鹿児島の高校生は、大学受験の実態も知らず、十分な準備もできないまま受験してしまうことがよくあります。
大学入試は、倍率も高校入試とは全く違いますし、問題も格段に難しくなっています。
しかし、高校入試と同じように夏過ぎて当校を訪れる受験生がほとんどです。

そんな中で逆境を跳ね返して合格を勝ち取った卒業生たちの軌跡を以下に掲げます。
合格した大学は必ずしも有名校や難関校ではないかも知れません。
しかし、受験生本人、そして当校講師が本当にうれしく思った合格者の声です。

早めの準備で栄冠 EARLY PREPARATION

早稲田大学政治経済学部 合格
Y

市内私立高校2年時に入会。数学を一からやり直し、国語の記述を磨いて、1年後、現役で早稲田大学政治経済学部合格。惜しくも東大文科二類には不合格でしたが、社会の遅れがなければと残念です。その後大学では勉学に励み、みごと司法試験に合格しました。

東大理科二類 合格
U

市内私立高校2年時に入会、苦手な国語の記述を克服、語彙力を増強して1年後、現役で東大理科二類に合格。

大阪大学文学部 合格
Hさん

市内県立高校2年時、春に入会。数学を一からやり直し、2年後、現役で大阪大学文学部合格。

九州大学法学部 合格
Sさん

市内県立高校2年時に入会。苦手な英語の記述を基礎からやり、1年後、現役で九州大学法学部に合格。

西南学院大経済学部 合格
Sさん

市内私立高校1年時に入会。国、数、英を2年生まで、3年生では個別に授業。現役で西南学院大経済学部に合格。

慶応大学商学部 合格
S

市外私立中学3年時に入会。高3時は理系ながら科目のバランスがとれず失敗。浪人後文転。一浪目、阪大模試成績優秀者となるも阪大失敗。二浪目は一橋大模試成績優秀者となるも一橋大失敗。しかし踏ん張って慶応大学商学部に合格。運は味方しませんでしたが、本当によくがんばりました。

京都市立芸術大学音楽学部 合格
Kさん

市内私立高校2年時春に入会。センター試験で高得点を取り、京都市立芸術大学音楽学部に現役合格。

志学館大学人間関係学部心理臨床学科 合格
Nさん

市外県立高校2年時春に入会。臨床心理士になる夢をしっかりと持ち、志学館大学人間関係学部心理臨床学科に現役合格。

日本大学商学部経営学科 合格
Hさん

市内私立高校1年時に入会。2年時に留学し、3年時の夏に帰ってきてから半年の受験準備となりました。なかなか結果が出ず本当に心配しましたが、14倍というかなり倍率の高い後期試験でみごと日本大学商学部経営学科に合格。その夜はお父さんと固い握手となりました。

青山学院大経営学部
学習院大経済学部経営学科 合格
Rさん

市内私立中3年時春に入会。高校時代は数学に泣かされ続けましたが、一浪して青山学院大経営学部学習院大経済学部経営学科に合格。数学を受験科目としての合格は立派でした。

九州工業大学情報工学部
崇城大学薬学部 合格
T君

英語が苦手で市内私立高校3年時に入会。英語には随分苦しんだようですが、センター試験では及第点を取り、九州工業大学情報工学部崇城大学薬学部に合格。

鹿児島大学医学部医学科 合格
O君

市内公立小5年時春に入会。途中、緊張感が緩む時期もありましたが、学校の授業や試験を大事にしながら週1回の個別授業をコンスタントに受講し、みごと鹿児島大学医学部医学科に現役合格。成績が良かったので前期に受験した名古屋大学には振られたものの余裕の合格でした。通算8年、よく信頼してついてきてくれました。塾の活用の仕方としては最も良いパターンでした。

鹿児島大学法文学部法経社会学科
福岡大学商学部経営学科
鹿児島県立大学文学科英語英文学専攻 合格
Hさん

市外公立高2年時春に入会。3年生夏まで志望校の国公立大学文系学部にはとても手が届かない状況。現役生によくあるセンターの科目のばらつきをうまく抑えられない状況が続きました。しかし秋あたりから少しずつ実力をつけ始めます。その後のセンターではやはり及ばず、前期試験で不合格。しかしあきらめずに後期で鹿児島大学法文学部法経社会学科に大逆転合格。福岡大学商学部経営学科鹿児島県立大学文学科英語英文学専攻も合格で、全勝。お母さんも感動の合格でした。

短期決戦で突破 SHORT TERM

青山学院大学 合格
Sさん

市内県立高校3年時年末に入会。国語と社会に不安があり、個別授業で対応。当初、志望の青学大文学部は厳しい状況でしたが、2ヵ月後、現役で青山学院大学の文学部、経営学部など受験4学部すべての学部に現役合格しました。

福岡大学スポーツ科学部 合格
N君

市内私立高校強豪サッカー部在籍。3年次年末に入会。推薦を全て蹴っており、2ヵ月後の一般試験で福岡大学スポーツ科学部に現役合格。礼儀正しく、勉強をやらせても一流でした。

広島大文学部 合格
Kさん

市内私立高校3年時センター試験後に入会、大意要約と英作文を短期間に克服して、1ヵ月後、広島大文学部に現役合格。

横浜国立大経済学部 合格
B君

市内私立高校3年時前期試験終了直後に入会。苦手な数学を文科系学部に狙われやすい項目を中心に10日ほど特訓。後期試験で横浜国立大経済学部に合格。

青山学院大国際政治経済学部 合格
Aさん

スイスの高校を卒業して夏に入会。推薦入試の資格が認められず一時はどうなることかと思いましたが、頑張り抜き、一般試験で青山学院大国際政治経済学部に合格しました。国語や地理はゼロからだったのによく頑張りました。

東京藝術大学音楽学部声楽家 合格
Tさん

市内公立高校3年時12月に入会。音楽大学の受験に必要なセンター試験の英語と国語を個別指導で克服。十二分な点数を取り、東京藝術大学音楽学部声楽家に合格。短期間でしたが一生懸命取り組んでくれました。今では大学院まで進み、将来の活躍が期待されています。

早稲田大学第一文学部
東京大学文科一類 合格
T君

一浪目に英語と数学を受講。早稲田大学第一文学部に合格。しかし二浪目に突入し、センター試験で高得点を取ったため、後期試験に向けて小論文の準備を開始。一ヶ月足らずの準備で東京大学文科一類に合格しました。

現役生なら推薦・AO入試も選択肢の一つ RECOMMENDATION

中央大学商学部 合格
Kさん

市内県立高校3年時春に入会。難関私立大学向けの授業に積極的に取り組んでいたものの、ひとつの機会として推薦入試受験を助言。同高校からは極めて稀な中央大学商学部に現役合格。

上智大学スペイン語学科 合格
Hさん

市内私立高校3年時夏入会。指定校推薦の厳しい状況で、英語、国語、小論文を中心に積極的に一般試験の準備を展開。成績の伸びにより、予想外に指定校推薦枠を獲得。現役で上智大学スペイン語学科に合格。

神戸学院大 合格
Fさん

市内私立高校3年時春に入会。AO入試で神戸学院大に合格。

帝京大学薬学部 合格
H君

市内私立高校2年時春に入会。AO入試で帝京大学薬学部に現役合格。

国際医療福祉大学薬学部薬学科 合格
Mさん

市内私立高校3年時夏に入会。当初は国公立大学看護科または医療検査科を志望。力はあったものの科目のバランスが取り切れず、当校で勧めた国際医療福祉大学薬学部薬学科の特待性試験を受験して見事合格。すっきりとした気持ちで医療の分野に進むことになりました。

他校からの移籍、東英予備校で開花 TRANSFER

東洋大学法学部 合格
K君

市内私立高校強豪サッカー部出身。東京の予備校で2浪、鹿児島市内他予備校で1浪し、4浪目に別の鹿児島市内他予備校から移籍。東洋大学法学部に合格し、浪人生活をストップ。

東京工業大学 合格
M君

一浪時秋に市内他予備校から移籍。英語の二次試験対策を個別授業形式で実施。東京工業大学に合格。

鹿児島大学工学部 合格
F君、K君

アルバイトをしながら当塾で浪人生活を送る。センター試験でのバランスをとり、鹿児島大学工学部に合格。

広島大学法学部 合格
H君

一浪目を鹿児島市内他予備校で送り、二浪目の当塾では英語と国語の二次試験対策に専心。努力が実り、広島大学法学部に合格。必ずしも進学校とは言えない高校の出身でしたが、英作文には抜群のセンスを持っていました。

鹿児島県立短期大学文学科
日本語日本文学専攻
宮崎公立大 合格
T君

一浪目を地元の宮崎で過ごし、二浪目で当塾の文系本科に入学。鹿児島県立短期大学文学科/日本語日本文学専攻宮崎公立大にダブル合格し、浪人生活をストップ。

鹿児島大学農学部獣医学科 合格
Nさん

鹿児島市内他予備校で心身ともに疲れ果て、夏に入会。少ない授業数から始め、秋には当校が参加していたボランティア団体の稲刈りに参加するなどして次第に元気を取り戻しました。センターで失敗したものの二次試験で挽回し、みごと鹿児島大学農学部獣医学科に合格。よく巻き返しました。

東京女子大学現代教養学部数理学科 合格
Mさん

近くの塾に通いながら宅浪する予定が模擬試験がないということに気づき、当時の在籍生の勧めでやや遅れて入会。Kさんと仲良くなりしっかり勉強するようになりました。地元の国立大志望でしたが、ためしに受けた東京女子大学現代教養学部数理学科に全額免除の特待生で合格。そのまま進学することになりました。今は東京での学生生活を満喫しているようです。

東京大学理科Ⅱ類
久留米大学医学部医学科
金沢大学医薬保健学域医学類 合格
M君

北海道の高校を卒業後、東京で大手の予備校に通学。お父さんの実家のある鹿児島に転居することになり、当校で二浪目を開始。志望校の東大対策を個人授業で進め、東京大学理科Ⅱ類に合格。しかし翌年、医学部受験に切り替え、久留米大学医学部医学科金沢大学医薬保健学域医学類に合格。入試直前に祖父、父を亡くすという厳しい状況の中、こつこつと本当によく頑張りました。

岩手医科大学医学部 合格
U君

工学部を卒業しての医学部再受験。1年他校に通学したのち当校へ。科目を限定して私大に絞り、見事、岩手医科大学医学部に合格しました。一次試験は福岡大学医学部医学科、東海大学医学部医学科にも合格していました。 プレッシャーの厳しい中、よく頑張りました。

東京外国語大学国際社会学部北西ヨーロッパ
中央大学法学部法律学科
中央大学法学部法律学科 合格
I君

一浪目を鹿児島市内他予備校で送っていたもののなじめず、秋に途中入会。実質的に個別授業のみで前期は東京大に挑むものの不合格。気を取り直しての後期試験で東京外国語大学国際社会学部北西ヨーロッパに合格。中央大学法学部法律学科中央大学法学部法律学科も合格し、無事、浪人生活にピリオドを打てました。おめでとう。

青山学院大学理工学部化学・生命科学科
東京農業大学地球環境科学部生産環境工学科
成蹊大学理工学部物質生命理工学科 合格
T君

一浪目を東京都内他予備校で送り、体調管理のためもあり、二浪目春に途中入会。私大志望であったため、理科と数学を個別授業中心で徹底強化。途中何度か体調不良に悩まされましたが、無事、2月の受験トリップを乗り切り、青山学院大学理工学部化学・生命科学科東京農業大学地球環境科学部生産環境工学科成蹊大学理工学部物質生命理工学科など数校に合格しました。浪人時代は精神的に大変なため、体調も崩しやすいものです。実家で勉強できれば勉強に専念できるという好例でした。

久留米大学医学部医学科 合格
K君

一、二浪目を福岡の大手予備校で送り、帰鹿して三、四浪目を市内大手予備校で送り、五浪目で当校入会。もともと進学校出身ではなかったため、再度基礎からやり直し。どうも過去四年間は大教室の机に座って授業の聞き役に徹していた模様。
当然のごとく及ばず、当校でも二浪。もう志望学部変更も視野に入れていた七浪目で某私大医学部の一次試験に合格。まだまだ不安定な状況を心配していたものの、八浪目にしてついに久留米大学医学部医学科に合格。
お母さんからはのんびりしているという本人評でしたが、さすがにつらかったはず。本当によく頑張りました。

医療系にも強みを発揮 MEDICAL UNIVERSITIES

鹿児島大学医学部医学科 合格
M君

兵庫県の大学を卒業後、病院勤務を経て春に入会。アルバイトをしながらの受験生活でしたが、みごとに一年足らずで鹿児島大学医学部医学科に合格しました。大変な努力家で頭が下がりました。

福岡大
近畿大医学部医学科 合格
T

市外私立高校1年時入会。現役受験時までは打ち込めず敗退。当初浪人を他校で送りつつも当塾で英語の講座を掛け持ち受講。同年夏から完全に当塾で浪人生活を送る。一浪目は物理から生物への科目変更、基礎力の充実に苦しむが二浪目で開花。模試で軒並み成績優秀者となり、さらに一年後、福岡大、近畿大の医学部医学科に合格。

高知大医学部医学科 合格
U君

市外私立高校卒業後入会。文系から理転。数学、化学をやり直し、のちに物理から生物に転向。センターでは科目バランスの悪さと特に苦手な国語に泣かされ続けたものの、あきらめず6年目にして高知大医学部医学科に合格。

福島県立医科大 合格
E君

市内私立高校2年時冬入会。当初英検準1級の取得と理科の補習のため入会。のちに数学も受講するようになり、国立大学医学部を志望することになりました。センターでは健闘したものの鹿児島大学医学部には少し足りない状況。ここで代表者が身にしみてその効果をわかっている教科増の強攻策に出て、理科も2科目必要な福島県立医科大を受験。みごと現役合格を果たしました。本人は数学と理科に自信がなく、二次試験までも時間がなかったのですが、本人、保護者ともに信頼してくれての大逆転でした。おめでとうございました。

福岡大学薬学部 合格
N君

国立大学工学部大学院に在籍中に入会。春から数学の個人指導を受け、福岡大学薬学部の編入学試験に合格。

川崎医科大医学部医学科 合格
S

市内県立高校3年時春に入会。苦手の生物から未履修の物理に変更。同じく苦手な英語の成績向上に取り組み、現役で川崎医科大医学部医学科に現役合格。

鹿児島大学医学部医学科 合格
K君

他予備校在籍二浪目春に入会。英作文と後期の小論文を指導。鹿児島大学医学部医学科に合格。同時に慶応大学法学部にも合格して浪人生活にピリオドを打ちました。終盤はかなり精神的にもつらかったようですが、よく頑張りました。

鹿児島大学医学部医学科 合格
Tさん

市内県立高校2年次春入会。高校入学時上位だったものの順位が降下。暗記物が苦手で英語、数学、化学を受講。上昇が始まったもののどうにも暗記物が足を引っ張りいよいよ高3に。明るく健康的な生徒で前向きな発言が続くものの逆に楽天的な側面も出てきて、悩むのは保護者と講師ばかり。模試も進む直前の秋に英検準1級に合格。3年間皆勤という快活さや様々な医療系の活動も好感されたのか、鹿児島大学医学部医学科の推薦入試に合格。センターの点数もいま一つであったため、本当にヒヤヒヤの合格でした。Tさん、医学部は覚えることが多いぞ、頑張って。

鹿児島大学医学部医学科 合格
S君

K君とともに他予備校在籍二浪目の夏に入会。二浪目はセンターで失敗しましたが、三浪目は英語、数学の二次試験用の準備を春から進め、後半センター国語も加えてまずはセンターを撃破。二次試験は本人いわく、かなりの出来で鹿児島大学医学部医学科に合格して浪人生活を終えました。この過程で産業医科大医学部の一次試験も突破しました。本当によく頑張りました。

昭和大学医学部医学科
東邦大学医学部医学科
藤田医科大学医学部医学科 合格
H君

市内私立高校2年時に入会したものの、3年時一度退会。その後再び一浪目を当校で送ることになり再入会。しばらく見ない間に数学と物理が向上しており、入会後も朝9時から夜10時までの集中した勉強を維持。帰国子女のため、国語を受験科目にできなかったものの、英語の日本語訳もしっかりできるようになり、バランスの取れた形で入試を迎えました。まず藤田医科大学医学部医学科に正規で合格し、その後、東邦大学医学部医学科昭和大学医学部医学科に補欠合格しました。毎日ペースを崩さず、ひたむきに勉強した結果です。よく頑張りました。

九州保健福祉大薬学部 合格
Yさん

市内県立高校を中退。大検合格後、当塾で準備を進める。体調不良に悩まされるが英、 数、化を当塾でやり直し、二浪目で九州保健福祉大薬学部に合格。

助産師学校
4年制大学編入試験 合格
Hさん、Kさん、Sさんほか

いずれも看護学校3年時に助産師学校、4年制大学編入試験を受験。いずれも一発合格でした。

医療法人立の看護専門学校 合格
Yさん

当時現役の准看護師。高看になるべく英語を一からやり直し、わずか1ヶ月で医療法人立の看護専門学校に合格

公立の看護学校 合格
H君

中卒20代で当塾入会。アルバイトをしながら数学と国語を個別指導で受講。目覚ましい進歩を遂げ、公立の看護学校に合格。当塾での苦しい経験をバネに是非頑張って欲しいものです。

公立の看護学校 合格
Fさん

市内県立高校を中退後、20代前半で高看の資格を取るべく理系本科に入会。育児をしながら英語、数学、国語、生物をやり直してみごと一年後に公立の看護学校に合格。感動の合格でした。

九州循環器病センター附属鹿児島看護学校 合格
T君

市外県立高校卒業後、勤務していた自衛隊を辞め、国際的な医療活動に携わるべく当塾に30代前半で入会。英語、数学を個別指導でゼロからやり直し、一般試験を待たずに社会人入試で九州循環器病センター附属鹿児島看護学校に合格。新聞配達を続けながらの受験勉強でした。本当に頭が下がりました。

鹿児島医療福祉専門学校看護科
鹿児島中央看護学校 合格
K君

美容師からの再受験でした。前半は曜日を限定して登校していましたが、夏には退職して受験に専念しました。20代後半で最初はとても苦労したようですが、次第に力をつけ、鹿児島医療福祉専門学校看護科鹿児島中央看護学校に合格し、念願の医療の世界に踏み出しました。非常にまじめで素直な青年でしたので、元気で活躍してくれるものと思います。

まさにやり直しての栄冠 RETRY

慶応大学経済学部 合格
Fくん

市内私立高校3年次に入会。東京大学文系を志望。数学は得意でしたが全てにおいて準備が間に合わず当塾予備校部にて一浪。全ての授業を東大型にし、冬の東大模試では成績優秀者に名を連ねました。しかし、本番では得意の数学で失敗し、夢は叶いませんでした。数学の得意な彼が初めて数学の怖さを知ることとなりましたが、併願した慶応大学経済学部に進み、元気に大学生活を始めることとなりました。

大阪府立大総合リハビリテーション学部 合格
Kさん

国立大学を卒業直後、春に管理栄養士を目指して入会。一年後に大阪府立大総合リハビリテーション学部に合格。余裕の合格でした。

青山学院大理工学部 合格
I君

国立大学を卒業後、より進んだ研究のため、春に入会。英語、数学、化学を個別授業で進め、一年後に青山学院大理工学部に合格。苦手な数学をやり直しての合格でした。

長崎大学工学部 合格
Oさん

高校を中退し、通信制高校を卒業して春に入会。数学、理科がかなり大変な状況でしたが、見事一年で長崎大学工学部に合格しました。欠席がやや多かったのが玉にキズでしたが、いつも明るく頑張りました。おめでとう。

日本女子大学文学部英文学科
大妻女子大学文学部英文学科
津田塾大学学芸学部英文学科
神戸市外語大学外国語学部英米学科
鹿児島県立短期大学第1部文学科英語英文学専攻 合格
N君

高校を中退し、単位制高校に通学しながら高3春に入会。当初は英、国、社で私立狙いだったものの、夏から急激に伸び、数学を始めて公立大狙いに。まず日本女子大学文学部英文学科、続いて大妻女子大学文学部英文学科を、そして津田塾大学学芸学部英文学科を撃破。勢いは止まらず、4.7倍の神戸市外語大学外国語学部英米学科まで合格。抑えの鹿児島県立短期大学第1部文学科英語英文学専攻も合格と全勝。毎日自習室が閉まるまでMさんとともに本当によく勉強しました。短期間でここまで伸びた子も珍しいです。よく頑張りました。

鹿児島大学法文学部人文学科心理学コース 合格
Tさん

市内私立大学に在籍。大学4年次春に入会。卒業にあたり、小論文の準備をし、編入試験を受けることにしたものの、体調がすぐれず不合格。あきらめることができず、再度挑戦することに。しかし、二回目の編入試験では小論文だけでなく、英語も受験科目に加わるというアクシデントも乗り越え、鹿児島大学法文学部人文学科心理学コースに合格。一般試験と異なり、状況が読めない中、精神的にも非常に強くなっての合格でした。

中央大学理工学部応用科学科
芝浦工業大学工学部応用科学科
東京都市大学工学部エネルギー化学科
東京都市大学工学部エネルギー化学科
東京農工大学工学部応用化学科 合格
Kさん

市内県立高校3年次12月に入会。しかし不登校になってしまっていたため、数学、理科についてかなりの項目が未習の状態。無事高校は卒業したものの、未習事項がまだまだある状態で浪人生活に突入。おそらく精神的には本当に大変だったと思いますが、めきめき力をつけ、中央大学理工学部応用科学科芝浦工業大学工学部応用科学科東京都市大学工学部エネルギー化学科に合格、そして本命の東京農工大学工学部応用化学科に合格。本当によく頑張りました。

大阪大学外国語学部外国語学科朝鮮語専攻 合格
S君

私立大学に進学したもののなじめずに休学し、5月に入会。英語や国語は力があったものの、さらに没頭するようになってしまい、バランスをとるように、そして解答スピードを上げるように指導。敗因となった数学で点を取れるようになり、無事、大阪大学外国語学部外国語学科朝鮮語専攻に合格し、雪辱を果たしました。休学中であったため、併願校はなく、まさに一発勝負でした。