東英予備校の新型コロナウィルス等の感染症対策について

東英予備校では、新型コロナウィルスの感染症対策のために、以下のような措置をとっています。

入館制限

発熱(37.5度以上)、咳、鼻水、倦怠感などのある講師、生徒または無症状でも感染者と濃厚接触のある講師、生徒は入館を禁止しています。
体調に問題がなくともマスク不着用の講師、生徒も入館できません。

オンライン授業導入済み

オンライン授業導入済みです。第2波、第3波に備え可能な限り、パソコン、タブレット、スマホでの受講を奨励しています。
Faxやメールに加え、Zoom、Google Meet、Skypeなど様々な媒体で最適な指導、通信方法を探ります。
通学を不要にすることにより、公共交通機関の利用を避けていただいています。また保護者の方の送迎の手間も不要になります。
入館制限に抵触する生徒はウェブ授業を受講していただければ大切な授業を聞き逃さなくてすみます。

座席配置による密集、密接の回避

自習室、教室では各生徒間、講師と生徒間が密接にならないよう注意しています。
2020年夏までにオンライン専用教室がオープン予定です。さらなる密集、密接の回避を図ります。

換気による密閉の回避

各教室は個別教室も含め、すべて窓または換気扇がありますので換気を励行しています。
有効な空気清浄機を導入予定です。夏や冬の空調が必要な時期に備えます。

消毒液

各階に消毒液を設置しています。

MBCテレビ、朝日新聞で当校の感染症対策が紹介されました

オンライン授業
オンライン受講

3月3日のMBC南日本放送のニュースにて当校の「新型コロナウィルスへの取り組み」としてインターネット授業のご紹介をいただきました。
東英予備校では通学困難な地方や離島にお住まいの生徒への指導手段として「インターネット授業」を積極的に取り入れ経験値を蓄積してきましたが、新型コロナ対策としても
有効ということで応用しました。
MBCニュース(期限終了後には閲覧できなくなります)

今年はインフルエンザの流行こそ顕著ではないものの、新型コロナウイルスの感染が世界的に問題となっております。
当校ではインターネットでのリアルタイムの授業も実施しておりますので、個別の授業を受講の方でインフルエンザを含めた感染症に罹患した方、または感染を心配される方はお申し出頂ければインターネットによる授業を受けることが可能です。
ただし、事前の設定が必要であり、PCの台数に限りがありますことや夜間の通信状況により、実施が困難な場合もありますので、その場合はご容赦ください。

お問い合わせ、お申し込み時の面談についてもインターネットの利用が可能です。感染症にかかわらず、当校へのご来訪の時間が取れない場合にも利用できます。
ご希望の方は事前にメールにてご相談ください。